<関連記事>

重さ8キロ“巨大スッポン”養殖場で発見

今週、沖縄・読谷村で見つかったその生き物は、ブロック塀の重しをのせて、逃げ出さないように保管されていました。

出てきたのは、超巨大なスッポンです。するどい爪と長い首で、悠々と歩き回っています。重さはなんと、およそ8キロ。

迫力ある見た目ですが、実はメス。「エリザベス」と名付けられました。発見されたのは、スッポン養殖場のいけすの中です。掃除などをするため、2年ぶりに水を抜いたところ、突如、出現しました。2年の間にここまで成長したとみられています。

沖縄ハム総合食品水産部 野原寛弘課長
「初めてです、このサイズは。これだけ手塩にかけて育てて、これだけ成長してくれたので、自慢の子どもというか、愛着はわきます、この1匹に」

<全文はこちら>

重さ8キロ“巨大スッポン”養殖場で発見
…沖縄ハム総合食品水産部 野原寛弘課長 「見た瞬間にバケモノがいるなって感じ」 今週、沖縄・読谷村で見つかったその生き物は、ブロック塀の重しをのせて、…
(出典:日本テレビ系(NNN))

<5ちゃんねる>

1 少考さん ★

いけすの水ぜんぶ抜いたら…7.9キロ巨大スッポン!日本一申請へ オキハム養殖場

(出典 030b46df30379e0bf930783bea7c8649.cdnext.stream.ne.jp)

はかりに乗った巨大スッポン。背中に乗せているのは出荷サイズの1キロのスッポン=8日、読谷村の座喜味の沖縄ハム総合食品

沖縄県読谷村の沖縄ハム総合食品のスッポン養殖場で、40センチの甲羅に体重7・96キロの巨大スッポンが見つかった。同じいけす内で育ったスッポンは平均2・6キロで、その差は「月とスッポン」。各種の日本記録を公式認定しているUAジャパンレコードに申請予定で、認定されれば“スッポン日本記録”になる

巨大スッポンを発見した水産部課長の野原寛弘さんによると、育成状況の確認のため、いけす内の水を抜いたところ「見たことのない、でっかさ」のスッポンが歩いていたという

12 ニューノーマルの名無しさん

>その差は「月とスッポン」
だれうま


28 ニューノーマルの名無しさん

スッポンって装甲を軽くして俊敏に動けるように進化したカメだから
そこらで見かけるクサガメ、アカミミガメのつもりで捕らえようとしたら面食らう
この巨大スッポンも見た目より俊敏だと思う
もともと体が軽いスッポンで7.96キロってかなり大きい(長い)んじゃね?


52 ニューノーマルの名無しさん

120年くらい生きてるのかな
でかいね


59 ニューノーマルの名無しさん

おんぶバッタみたいだ


5 ニューノーマルの名無しさん


(出典 pds.exblog.jp)


13 ニューノーマルの名無しさん

テヘッ、見つかっちゃった


38 ニューノーマルの名無しさん

そこまではない

(出典 Youtube)


44 ニューノーマルの名無しさん

スッポン舐めたらいかんぞ

91 ニューノーマルの名無しさん

なんか愛嬌あるわw


49 ニューノーマルの名無しさん

おれもこれぐらいのスッポン川で見たことあるわ
ひょっとしたらこれよりでかかったかも